2015年12月10日制定

Funnel Pushサービス利用規約

Funnel Pushサービス利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、契約者(以下、「運用者」といいます。)と、株式会社セットアップ(以下「当社」といいます。)が当社または当社の管理するWEBサーバーを通じて提供する Funnel Push(当社のASPサービス、SDK、その他ドキュメント類などを指し、以下、総称して「本サービス」といいます。)の利用について、運用者に適用される合意事項を定めた物です。
本規約は本サービスの利用に際して運用者と当社との間に適用されるものであり、本規約の効力は、本規約の効力は、運用者が当社所定の申込方法により本サービスを申込み、当社がそれを承諾した時点で発生します。

第1条 規約の適用

  1. 本規約は、当社と運用者との間に適用されるものです。
  2. 運用者(以下に定義します。)は、本規約及び諸法令を遵守して、本サービスを利用するものとします。
  3. 当社が本サービスの円滑な運用を図るため、必要に応じて各サービス毎に定めるガイドライン、マニュアル、仕様、基準、その他本サービスの利用に関する諸規程(サービス追加その他何らかの事由により当社がこれらを変更した場合は、変更後のものを指します)は、本規約の一部を構成するものとします。

第2条 用語の定義

本規約においては、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
  1. (1)本サービス:当社が運営または取り扱うスマートデバイスアプリ向けのプッシュ通知ASPサービス、SDK、その他ユーザー分析等を行うサービス等を総称していいます。なお、当社は本サービスにおける機能の追加・削除等、当社の判断において本サービスを拡張・変更することができるものとします。
  2. (2)利用申込者:本サービスの利用を希望し、当社所定の利用申込書を提出した者をいいます。
  3. (3)利用申込書:本サービスの利用について申し込みを行う際に、当社に対して提出する申込書のことをいいます。
  4. (4)運用者:利用申込者のうち、当社が承諾し本サービスの利用契約が成立した法人または団体または個人を指します。
  5. (5)利用者: 運用者が本サービスを利用してプッシュ通知を配信するアプリのユーザーを指します。
  6. (6)SDK:当社が開発し提供する、本サービス及び各サービスの利用のための専用Funnel Push SDKを指します。なお、SDKは、本サービス及び各種サービスの一部を構成します。
  7. (7)運用者用管理画面(コンソール):本サービスのうち必要に応じて提供される管理用のウェブサイトを運用者用管理画面(以下コンソール)といいます。当社は運用者に対して、交付するログインIDおよびパスワードの認証によりアクセスを許容し、運用者は当社所定の登録情報(運用者名、連絡先等含むがこれらに限られない情報、以下、「登録情報」といいます)を登録することで利用できるものとします。また、コンソールを通じて本サービスを利用する上で必要な当社の技術情報や連絡事項等を閲覧することができますが、サービスによってはコンソールが開発中またはサービスの性質上ない場合もあります。
  8. (8)運用管理者: コンソールにIDおよびパスワードにてログインできる運用者の中で「運用者」を管理することができる権限を付与された運用者を意味します。一個人のユーザーIDを複数の者で共有することは禁止とします。
  9. (9)サーバー: 当社が用意し本サービスの運用者への提供のために使用されるコンピューター又はコンピューター群を意味します。

第3条 利用申込

当社は、利用申込者から利用申込書の提出をもって申込を受付け、当社が利用申込を承諾した時点で、本サービスの利用に関する契約(以下、「利用契約」といいます。)が成立するものとします。
  1. 本サービスの料金体系、課金条件、ユーザー数等の具体的使用または条件等は、当社が提供する本サービス紹介サイト及び別紙資料、料金表に記載されます。
  2. プッシュ通知サービスを利用者に対して初めて送信した日付を、利用開始日とし、当該利用開始日を含む月を利用開始月とみなして、利用開始月から所定の初期費用および従量制の月額費用が発生します。(利用開始日を含む月についてのご利用料金の日割計算はいたしません)

第4条 申込の拒否

第3条の利用申込書の提出の際、以下のいずれかに該当する場合に、当社は、本サービスの利用申込に対し承諾をお断りすることがあります。
  1. (1)申込の必要事項が記入されていないか、虚偽の事実が記入されている場合
  2. (2)当社の業務上、技術上の理由により、本サービスが提供できない場合
  3. (3)運用者が契約上の責務を怠るおそれがあるとき
  4. (4)その他、当社が利用申込を適当でないと判断した場合

第5条 契約期間及び更新

利用契約の期間は、本サービスを使用してメッセージをユーザーに対して初回配信した日から1か月とし、その起算日は、本サービスの利用が開始できることを当社が運用者に通知した契約日または契約自動更新に伴う契約継続日とします。
  1. 当社は、運用者より、契約期間終了の前々月末日までに契約事項の変更の要請がない場合、利用契約を同一条件で自動更新するものとし、以降も同様とします。
  2. 利用契約の期間中に、運用者が当該利用契約の解除を申し出られた場合は、法律に別段の定めがある場合を除いて、運用者は契約期間または最低利用期間の残余期間に対する所定の従量制月額基本使用料を一括してお支払い頂きます。

第6条 契約単位

当社との間に本サービスの利用契約を締結できる運用者は、一つの利用契約につき一法人または一団体のいずれかに限ります。また、当該一つの利用契約につき本サービスを利用できる者(以下、「運用者」といいます。)は、運用者である法人または団体の従業員、社員またはその他の構成員に限るものとします。

第7条 本サービスの提供内容及び利用料金等

運用者は本サービスの利用に関し、当社に対して利用料金(初期費用及び従量制月額基本使用料等)が発生します。
  1. 本サービスの内容及び利用料金は、当社が、別紙資料、料金表に記載して具体的に定める内容及び金額とします。

第8条 請求及び支払

運用者は、本サービスの対価を、毎月以下の通り支払うものとします。
  1. 当社は、当月分の利用料金の請求書を利用月の翌月5営業日までに運用者に発行します。運用者は当該請求書に従い、当月分の利用料金を当月(請求書受領月)の末日までに、当社指定の銀行口座に振り込む方法により支払うものとします。
  2. 運用者は、前項の、当社に対する本サービスに関する対価の支払について、当該対価の額に消費税相当額を加算した額を支払うものとします。銀行口座への振り込みで支払う場合には、振込手数料は運用者負担とします。
  3. 運用者は本サービスの利用料金等、または割増金の支払いを遅延した場合は、支払いが済むまで未払い額に対する年率14%の割合で遅延損害金を加えて当社に支払うものとします。
  4. 当社は、本規約に明確に規定された理由を除き、いったん運用者から支払を受けた対価の払い戻しは行いません。
  5. 当社は、Apple社またはGoogle社による、将来実施する仕様変更により本サービスの提供が困難になった場合は、別途当社と運用者との間で協議の上、本規約に基づく利用契約を終了することができるものとし、この場合において当社は運用者に対し、本サービスの利用可能最終日までの料金を請求するものとします。

第9条 権利帰属

本サービスの一環として、または本サービスの利用を通じて運用者が投稿、表示、公開または送信できるデータ、文書、写真、動画またはその他の画像などを含むすべての情報(以下、総称して「コンテンツ」といいます。)は、当該コンテンツを発信した運用者が、単独で責任を負うことを、運用者は了解するものとします。当社は、運用者のコンテンツが、第三者が所有する著作権、商標権、意匠権等の知的所有権を有する著作物等に觝触しているか否かについては調査せず、当社はこれについて一切関与しないものとします。
  1. 前項の規定に違反または関連して問題が発生した場合、運用者は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
  2. 運用者が別途当社と書面で合意した場合を除き、本規約のいかなる規定も、当社の商号、商標、サービスマーク、サービス名称、ロゴ、ドメイン名、及びその他の識別性を有するブランドの特徴(以下、「当社権利」といいます)のいずれかを使用する権利を運用者に付与するものではありません。

第10条 各種設定

  1. 運用者は、当社の定める利用規約、注意事項等の諸規程に従い、本サービスを利用するものとします。なお、当該諸規程が変更された場合は、変更後の諸規程に従って制作、提供するものとします。
  2. サービスにおける専用SDKの利用に応じた設定作業や、利用の中止、SDKの削除や設定変更等においては、当社が定める方法に従い、運用者ご自身で行うものとします。
  3. 当社は、前項に定める作業及び当該作業に起因して発生した事象または損害について一切の責任を負わないものとします。

第11条 サービス提供の停止

当社は、当社の設備の保守、工事、または障害等やむをえないときには、運用者へ事前通知を行い、本サービスを一時停止することができます。ただし、当社が緊急を要するものと判断した場合、運用者へ事前に通知することなく、本サービスを一時停止することができます。
  1. 当社は、前項に基づく本サービスの一時停止によって生じた運用者、運用者及び第三者の損害につき一切の責任を負いません。

第12条 不可抗力

当社は、天災、火災、不測の事故、突風、津波、大規模停電、放射能災害、騒乱等の不可抗力、第一種電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合、またはその他当社の責に帰すことのできない事由により、本サービスが一時的に停止、遅延、中断し、停止等が発生し、または本規約上の義務を履行できない場合であっても、その責を免れます。

第13条 本サービスの終了

当社は、都合により本サービスを終了することができます。
  1. 前項により本サービスを終了するときは、当社は、運用者に対し、当該終了する日の1ヶ月前までに、電子メール等にてその旨を通知します。本条に基づく本サービスの終了によって発生した運用者、運用者及び第三者の損害について、当社は一切責任を負いません。
  2. 前項の規定にかかわらず、本条の規定により、当社の都合で本サービスを終了するときは、当社は運用者に対し、本サービスの提供可能最終日までの料金を請求するものとし、既に運用者から受け取った対価のうち、当該提供可能最終日以降の月額利用料金に相当する金額があるときは、これを月額単位で運用者に返金するものとします。

第14条 禁止事項及び利用の停止

運用者及びユーザーは、本サービスの利用にあたって、次の各号に該当する事項(以下、「禁止事項」といいます。)を行ってはなりません。
  1. (1)本サービス(または本サービスに接続されているサーバー及びネットワーク)を妨害、中断させる行為、その他当社の本サービスの運営に支障を与える行為、またはその恐れのある行為
  2. (2)本サービスの複製、再販売、サブライセンス(ただし本規約または当社との別個の契約において明確な許可を受けて実施する場合を除く)
  3. (3)本サービスに含まれるソフトウェアまたはその一部のコピー、修正、その二次的著作物の作成、リバースエンジニアリング、もしくは逆コンパイル、もしくはアルゴリズムを再構築もしくは明らかにしようとする試み、またはその他の方法によりそのソースコードの抽出を試みる行為
  4. (4)相手方の許可なく不特定多数の者に送信するなど、本サービスの通常の利用目的または利用方法の範囲を超えて、勧誘もしくは案内をメール送信する行為
  5. (5)日本の法律に反する猥褻画像、公序良俗に反する情報、虚偽の情報、その他法律に抵触するか、または本サービスの信用を失墜、毀損させる情報を掲載、配布、送信する行為
  6. (6)当社または第三者の所有権、商標権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティーおよびその他のすべての正当な権利を侵害する情報を掲載、配布、送信する行為
  7. (7)本サービスと同様のサービスを行う目的または行う予定のある事業者のためにする調査の目的で、本サービスを申込みまたは本サービスを利用する行為
  8. (8)日本の法律に反する行為
  9. (9)第三者に損失または損害を与える行為
  10. (10)人権を損害する行為、またはそのおそれのある行為
  11. (11)誹謗、中傷など、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
  12. (12)犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
  13. (13)コンピューターウィルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、もしくは本サービスに関連して使用し、または提供する行為
  14. (14)本サービスの利用で知り得た、当社及び第三者の営業秘密を漏洩する行為
  15. (15)当社が公序良俗に反すると判断したサービスに利用する行為
  16. (16)事実に反する情報を提供する行為
  17. (17)本規約に基づく支払の遅延、その他、当社が運用者または運用者の行為として不適切と判断する行為
  1. 当社は、運用者が、禁止事項を行ったことを発見した場合には、運用者に事前に通知及び勧告することなく、本サービスの利用を停止することができます。
  2. 当社は、本条に基づく本サービスの停止によって生じた運用者及び第三者の損害につき一切の責任を負いません。

第15条 利用契約の解除

当社は、運用者に次にあげる事由に該当する場合、事前の通知及び勧告をすることなく、利用契約の全部または一部を解除することができるものとします。この場合、当社は運用者に対して、違約金、損害賠償等の一切の責任を負いません。
  1. (1)利用契約に基づき発生した債務の全部または一部について不履行があり、相当の期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、当該期間内に履行しないとき
  2. (2)本規約に定める禁止事項を行ったとき
  3. (3)監督官庁により営業取消、停止等の処分を受けたとき
  4. (4)第三者により仮差押、仮処分または強制処分を受け、契約の履行が困難と認められるとき
  5. (5)破産、整理、特別清算、民事再生手続開始、会社更生手続開始等の申立てがあったとき
  6. (6)解散の決議、または他の会社と合併したとき
  7. (7)当社が提供するサービスを介して第三者に迷惑行為を行い、当該第三者より当社に抗議が寄せられた場合
  8. (8)運用者が商品の情報に関して、明確な理由なく誇大表現、虚偽の表現を行った場合に、当社が警告を発したにもかかわらず、相当の期間内に改善しない場合
  9. (9)利用者から発生したクレームに対して、明確な理由がなく解決の姿勢を示さない場合に、当社が警告を発したにもかかわらず、相当の期間内に改善しない場合
  10. (10)特定商取引に関する法律に違反するとみなされた場合
  11. (11)その他本契約に違反し、当社のサービスの信用等を害すると当社が判断したとき
  1. 前各号により、当社が利用契約を解除した場合、運用者は、当該解除の日の属する月までの利用料金の全てについて、解除した日から当社が指定する期日までに支払うものとします。

第16条 パスワードの管理

運用者は、本サービスを利用する為に当社が運用者に対して発行するユーザーIDに紐づくパスワードを、適正に管理する責任を負います。運用者は、運用者が正当に権限を与えた運用者に利用させる以外、パスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはなりません。
  1. パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により、運用者または第三者に発生した損害については、当社は一切の責任を負いません。

第17条 登録情報の変更

運用者は、当社に登録した申込内容に関する事項に変更があったときは、速やかに当社に届け出るものとします。届出が無かった、または遅延したことによる損害は、運用者の負担とします。
  1. 前項の届出があったときは、その変更内容を証明する書類を提出していただくことがあります。

第18条 解約

運用者は、契約期間満了の際に当社に対し本サービスの利用契約の解約をするときは、当社に対し書面によりその旨を通知しなければなりません。この場合、当該通知をする日の前々月末日前までに別途当社が定める方法に従い当社に通知するものとします。

第19条 運用者の地位の承継

運用者である法人・団体が合併または会社分割をしたとき、運用者はその旨をただちに当社に書面で通知するものとし、当社はその通知受領後10営業日以内に、当該承継法人に対して利用契約を解除することができるものとします。当社が解除しなかった場合、承継した法人は利用契約に基づく一切の債務を承継するものとします。

第20条 契約譲渡

運用者は、当社の書面による事前同意なくして、本規約上の権利を第三者に譲渡、再許諾し、あるいは担保に供してはならず、または第三者に義務を承継できません。
  1. 当社は、本サービスの営業を第三者に譲渡する場合(会社分割等実質的に営業を譲渡する場合を含む。)、事前に運用者に通知することなく、本契約の契約上の地位または本契約に基づいて発生する権利もしくは義務について、第三者に対する継承、譲渡、貸与、担保設定その他の処分を行うことができます。

第21条 コンテンツの削除

当社は、運用者の作成したサイトに、本規約の禁止事項に該当する内容が掲載されている場合、当社の裁量により判断し、当該コンテンツの一部または全部を削除することがあります。
  1. 当社は、前項の規定により運用者のコンテンツを削除する場合、当該運用者に対しその旨及び理由を電子メール等にて通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は事後に通知します。
  2. 本条に基づくコンテンツの削除に関し、当社は一切の責任を負わないものとします。

第22条 個人情報保護

当社は、運用者の個人情報を取得した場合、当該個人情報を適法かつ適切に利用および管理するものとし、運用者の承諾無しに第三者に開示しないものとします。なお、本サービスを利用する際に、運用者が取得した利用者の個人情報は運用者の責の下に管理し、当社は一切の責任を負わないものとします。
  1. 前項の規定にかかわらず、当社は、法令または裁判所もしくは政府機関の強制力を伴う要請があった場合、関連法令の定める事由に該当する場合は、本サービスの運用者の承諾無しに必要な範囲で個人情報を開示することができます。
  2. 第1項の規定にかかわらず、当社が本サービスの運営に関連する業務を第三者に委託する場合は、当該第三者に対して運用者の個人情報を開示することができます。

第23条 秘密保持

当社は、公知である場合を除き、運用者から開示された情報を秘密情報として扱い、利用契約の履行に際し知り得た運用者の秘密を正当な理由なく第三者に漏らしません。
  1. 当社は、前項に基づく秘密情報を本サービスの提供以外の目的に使用しません。
  2. 当社は、以下に定める場合を除き、秘密情報を第三者へ開示しまたは漏洩しません。
    1. (1)本サービスを構成する一部機能の提供を委託している第三者に対して、本サービスの維持に必要な範囲の情報を開示する場合。
    2. (2)法令等により定められた正当な権限を有する公的権力から、開示請求を受けた場合。
  3. 運用者は、当社の事前の書面による承諾なく、本サービスの利用に際して、または本サービス利用契約の履行を通じて当社から口頭または書面を問わず開示されたアイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データなどの当社の技術上、営業上、業務上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます)を本サービスの利用以外の目的に使用せず、また第三者に開示、漏洩してはならないものとします。
  4. 前項の規定にかかわらず、運用者が次の各号の一に該当することを立証した情報は、秘密情報に含まれないものとします。
    1. (1)開示されまたは知得する以前に公知であった情報
    2. (2)開示されまたは知得する以前に自らが既に所有していた情報
    3. (3)開示されまたは知得した後、自らの責に帰さない事由により公知となった情報
    4. (4)開示されまたは知得した後、その秘密情報によらず自らの開発により知得した情報
    5. (5)開示されまたは知得した後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報
  5. 当社及び運用者は、電子メールを信書として取り扱い、双方はこれを法律の定めまたは手続に拠らずして内容をみだりに第三者にこれを開示してはならないものとします。
  6. 運用者が本規約に違反し、秘密情報を第三者に漏洩した場合は、当社に生じた損害を賠償するものとします。
  7. 本条の規定は、利用契約の終了後においても同様とします。

第24条 損害賠償

本サービスの提供に関して、当社の責に帰すべき事由により運用者が本サービスを利用できない(当社が本サービスを全く提供しない場合、または当社による本サービスの提供方法の不備により運用者が利用できない場合をいい、本規約に規定する当社の免責事由に基づく本サービスの停止、及び運用者が本規約に違反したことあるいは利用契約を解除されたことにより本規約の定めに基づき本サービスを停止する場合は含まれません。以下、「利用不能」といいます。)ために運用者に損害が発生した場合には、その請求原因の如何を問わず、当該運用者が利用契約の開始時点において当社に支払った初期費用相当額または最低利用期間における累計月額利用料金相当額を上限として、当社は賠償するものとします。
  1. 運用者または運用者が本サービスの利用に関し、当社または第三者に損害を及ぼした場合、運用者は、当社または当該第三者に対し、その損害を賠償しなければなりません。
  2. 運用者は、本サービスの利用に関し、他の運用者または第三者に対して損害を与えたものとして、他の運用者または第三者から訴訟が提起された場合、運用者は、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。

第25条 当社による保証

当社は、情報についての運用者の意図若しくは許可なくコンピューター、コンピューター・システムまたはコンピューターネットワーク内の情報を変更し、損失し、破壊し、記録しまたは送信するように意図的に設計された命令を本サービスに含めていないことを保証します。この保証は、本サービスにオープンソースコードが含まれる場合には、当該オープンソースコードには適用されません。本契約の有効期間中、本サービスに本項の保証に反するものが(オープンソースコードを除く)含まれていることが判明した場合には、当社は、唯一の法的救済として、当社の費用において、本サービスの主要な機能を損なうことなく本項に定める保証に合致するように本サービスを改変または交換する合理的な営業上の努力を払います。運用者は、本項に定める保証の違反についての他の法的救済を求める前に、当社が当該変更または交換を行うための猶予を与えるものとします。

第26条 保証の限定

  1. 本サービスは、現状有姿の状態で提供され、明示的にも黙示的にも、何らの担保及び保証するものではありません。当社は、その商品性及び特定目的の適合性を黙示的に担保・保証することを含み、明示的または黙示的であるかを問わず、如何なる種類の担保・保証をも行うものではありません。
  2. 本サービスから送信される通知は、コンソールを使用してメッセージを送信することをもって、当該メッセージが通常到達すべきときに到達したものとみなします。ただし、送信時に本サービスにて何らかの送信に関するエラーを検出した場合には、メッセージの再送を行います。
  3. 本サービスの品質、性能、インストール、使用に伴うプログラムエラー、装置の損傷、データやソフトウェアプログラムの消失、不稼動及び中断等一切のリスクは、運用者の負担とします。本サービスの使用に関する適切性の判断は、運用者自身の責任で行うものとし、その使用による一切のリスクは、運用者の負担とします。
  4. 当社は、本サービスを維持するために合理的な努力を行います。但し、当社は、情報の遅れ、送信違い、未送信、アクセスの制限や損失、バグや他のエラー、本サービスにより認定されていない使用、また、本サービスと相互の影響によって起きた如何なる損害、データ、顧客情報及び販売業者データの紛失、機会損失、その他事業への支障に対し如何なる責任も負いません。本サービスにあるデータ及び情報は、運用者の責任において維持しバックアップしてください。更に、当社は、次の事項についても一切保証いたしません。
    1. (1)本サービスを運用者の個別の具体的な要求に対応すること
    2. (2)本サービスが中断されないこと、タイムリーであること、安全であること、エラーのないこと
    3. (3)本サービスを使用して得た結果が正確又は信頼性があること
    4. (4)本サービスの一環として、またはこれに関連した、App Store・Android Market等の申請・公開の可否またはそれらを達成すること
  5. 運用者は本サービスのサーバー環境に不正アクセスあるいはコンピューターウィルスを含むファイルをアップロードすることがないように留意するものとします。当社は、運用者の行為か否かに関わらず、本サービスで提供されるサーバー環境における情報の改ざん又はウイルスに関して、責任を負わないものとします。

第27条 免責

当社は、本規約に明示的に定める事項を除き、当社の責に帰すべからざる事由から運用者に生じた損害については、当社の予見の有無にかかわらず、偶発的、間接的損害、特別の事情から生じた損害、逸失利益及び第三者からの損害賠償請求に基づく運用者の損害等を含め、一切の責任を負いません。加えて当社が、運用者に対し以下の各号について賠償の責任を負わないことについて理解し、あらかじめこれに同意するものとします。
  1. (1)本サービスの利用に関連して、何らかの原因で、運用者が被る直接的、間接的な損害であって、利益の損失、ビジネスにおける信用またはビジネス上の評判に対する損失、データ消失の被害、代替商品またはサービスの調達価格、またはその他無形の損失等
  2. (2)運用者が、本サービスを利用したことによりまたは利用したことを通じ、保存、送信されたコンテンツ及びその他通信データの削除、破損、または保存の不備に起因する損失または損害
  3. (3)運用者が、当社に対し、正確なアカウント情報を提出しなかったことに起因する損失または損害
  4. (4)運用者が、通信サービスの性質上、その原因に関わらず、本サービスの利用に関して被った速度の低下、復旧不能なデータ破壊等の損害
  5. (5)Apple社、Google社等の仕様変更により、本サービスが提供できなくなった場合であって、本規約の規定に基づき利用契約が解除されたことに起因する何らかの損害

第28条 利用制限

当社は、本サービスにおいて以下に該当する事象が発生した場合、本サービスの利用を制限し、または提供を停止することがあります。
  1. (1)システム点検(この場合、緊急時を除いてメール及び本サイトへの掲載をもってその旨を連絡します。)
  2. (2)本サービスを提供するためのシステムに障害が発生した場合
  3. (3)当社または当社が利用する電気通信設備にやむを得ない障害が発生した場合
  4. (4)第三者の故意、過失による不具合に対策を講じる必要がある場合
  5. (5)第一種電気通信事業者が電気通信役務の提供を停止する事により利用契約に基づくサービスの提供を行う事が困難になった場合
  1. 当社は、前項(1)号から(5)号の事由に基づく本サービスの停止によって生じた運用者及び第三者の損害につき一切の責任を負いません。
  2. 当社は、本サービスの利用を制限する、または提供を停止する場合、運用者に対して事前に通知します。事前通知は、本サービスサイトでの告知または運用者が指定したアドレス宛の電子メール送信にて行います。ただし、緊急を要する際はやむを得ず事後の通知になる場合があります。

第29条 データの保管、保持期限

本サービスを使用する為に運用者が登録したデータは契約期間が終了するまで保管、保持します。
  1. 本サービスにて作成したデータの保管、保持期間は申込時の約定に従います。

第30条 データ等の取り扱い

運用者が登録したデータについては、その所有権は運用者に帰属します。ただし、当社はこれらの権利を保護する義務を負いません。
  1. 本サービス及び各サービスにおいて、運用者は、サービスの利用により取得し、蓄積したデータ等について、すべての責任を負うものとします。
  2. 本サービスにおいて、当社サーバー内に蓄積されたユーザーや設定等の情報データのバックアップに関して、故意または重過失を除き、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 当社は、運用者や利用者を特定する情報を含まない統計情報を、当社の運営時の参考資料および、本サービスの改善・改良、本サービスの性能情報、本サービスの活用情報として使用する事が出来ることを、運用者は承諾するものとします。

第31条 規約の変更

当社は、運用者の承諾なく、本規約の内容、本サービスの内容、及び利用料金を適宜追加または変更することがあります。
  1. 前項により、本規約の内容や本サービスの内容及び利用料金を変更する場合、当社は、本規約等について新しいバージョンを作成し、当該変更の1ヶ月前までに、本サイトにて入手できるようにし、または本サービスを通じて運用者が入手できるようにします。
  2. 運用者は、本規約の内容、本サービスの内容、及び利用料金が変更された日以降に本サービスを利用する場合、当該利用により、運用者が最新の本規約または本サービスの内容及び利用料金を承認されたと当社がみなすことについて理解し、これに同意するものとします。

第32条 競業の禁止

運用者は、事前に当社の同意を得ることなく、本サービスと同一または同様または同種のサービス(有料、無料の別や対象者を問わない)を提供してはならないものとします。

第33条 協議解決

本規約の解釈に疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項については、運用者及び当社は誠意をもって協議し、解決するものとします。

第34条 準拠法及び管轄裁判所

本規約及び本規約に基づく運用者と当社との関係は、日本法に準拠するものとします。
  1. 本サービスの利用に関わる紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
以上

ページトップ

株式会社セットアップ 東京都港区芝大門2-8-13 サクセス芝大門ビル9F

03-3436-4636

© 2015 SETUP Inc. All rights reserved.